日本アイデックス

このページでは、ペーパーレス化をサポートする日本アイデックスの特徴を紹介します。

ペーパーレス化をサポートする日本アイデックスとは

日本アイデックスは、幅広い企業や団体の事務処理・業務処理をオーダーメイドで一括受託する企業。利用企業の課題・問題点、導入範囲、最終目的を明確にし、最適なプランを提案しています。

書類整理には、アウトソーシング型処理と常駐型処理の2種類があります。アウトソーシング型は、社外にて処理可能な書類に対応。日本アイデックスの事務センターにて、書類の電子化を行います。そして常駐型処理は、常駐スタッフを派遣し、依頼主の社内にて書類を電子化します。

どちらも、スキャニング・検索キーデータ付与・文書管理システム登録を実施。その後データは、構築された文書管理システムにて、全国の支店や支社からも検索・閲覧・編集ができるようになります。

日本アイデックスでは、受託業務の全プロセスを自社事務センターにて処理。個人情報や機密が社外に漏れないよう、安全・正確・迅速な対応を行っています。

信頼性向上のため、プライバシーマーク、ISO27001(ISMS)、ISO9001(QMS)を全社で取得しているのも特徴。業務全体の結果に責任を持つことをモットーとし、顧客満足を第一としたサービスを提供しています。

依頼社の声

yellowb1日に6,000枚もの書類整理に人手と時間を取られ、保管スペースも増える一方であっため、適切な文書管理システムを選定・導入。必要書類を電子化することで書類整理にかかる負担が軽減。保管スペースを考える必要もなくなりました。

squaregreen

yellowb永年保管する必要のある書類が増え、保管スペースが広がっている企業様の相談。費用対効果を考え文書管理システムは導入せず、日本アイデックスにて書類を運用・管理する体制に。問い合わせに対して即対応できるよう、検索情報をデータ化して管理。照会に必要な時間が1時間から10分程度に短縮できたと好評を得ました。保管スペースに使っていた場所も、他業務で活用でき、◎。

会社情報

  • 社名:株式会社日本アイデックス
  • 所在地:東京都豊島区池袋2-65-18池袋WESTビル(本社)
  • 設立:1971年1月
  • 従業員数:専門スタッフ650名